矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

当院の特徴

東川口矯正歯科

デジタル技術を
活用した矯正治療

当院では、基本的にデジタル技術を活用した矯正治療をおこなっております。デジタル技術を活用することで、患者様への負担を軽減し、治療を円滑に進めることができます。

治療ゴールの共有

言葉だけで治療説明をおこなった場合、「思っていた歯並びと違う‥」「もっとこんな風にしたかった」など、ときには患者様と私たちの治療ゴールが一致しないことも。

デジタル技術を活用し、治療が可視化されることで、矯正後の歯並びのイメージを患者様と事前に共有することが可能になりました。

治療中の歯の動きを見える化

矯正前はもちろん、矯正中に治療説明をおこなう際も、歯並びやかみ合わせの状態を3D画像でご確認いただきながらご説明いたします。歯の移動をより分かりやすく、視覚的にご説明することが可能です。

歯を的確にコントロール

光学スキャナーで3D画像化した歯並びとかみ合わせをもとに、治療計画を立案いたします。また、CTの撮影データを治療計画に反映させることで、的確に歯の根までをコントロールすることが可能です。

大学病院と同水準の治療

大学病院の勤務経験を活かし、大学病院と同水準の歯列矯正をご提供しております。また、口腔外科を専門におこなう女性歯科医師が在籍いたしますので、親知らずの抜歯はもちろん、埋まっている歯の処置(埋伏歯の開窓)などもお任せください。

一般的に口腔外科へ紹介する対象となるケースも当院で対応いたします。

大学病院と同水準の治療

将来を見据えた
付加価値の高い治療

歯列矯正をおこなうことで、患者様のお悩みや問題点を改善するのはもちろんのこと、お口の中全体を総合的に考え、将来を見据えた治療をご提供いたします。

見た目の改善でご満足いただけるだけでなく、かみ合わせの改善による機能性の向上やその先の健康増進など、さまざまな付加価値を感じていただける歯列矯正を目指します。
3.将来を見据えた付加価値の高い治療
記事監修者:
東川口矯正歯科 院長 歯学博士 
長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る