矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

前歯で噛めない開咬

東川口矯正歯科

開咬(かいこう)について

「開咬(かいこう)」とは、奥歯でかんだ時に上下の前歯がかみ合わず、隙間がある状態をいい、歯科では「オープンバイト」とも呼ばれます。歯並びは整っている方が多いため、かみ合わせの問題に気付きにくいケースでもあります。

開咬(かいこう)について

開咬による影響

1.胃腸障害や消化不良に

奥歯しかかみ合っていないため、咀嚼効率が悪く、食べ物をよく噛めないまま、飲み込んでしまいやすくなります。そのため、消化器官に負担がかかり、消化不良を起こしてしまうことがあります。

胃腸障害や消化不良に

2.奥歯や顎関節に負担がかかる

前歯がかみ合わないことで、奥歯や顎関節に大きく負担がかかります。そのような負担が歯の寿命を縮めたり、顎関節症を引き起こす原因になります。

奥歯や顎関節に負担がかかる

3.発音障害

上下の前歯にすき間があることで舌がその間に入ってしまったり、空気が抜けてしまうことで発音に影響がでてしまいます。そのようなことから、開咬の方は舌足らずな話し方になりやすい傾向にあります。

発音障害

開咬になる原因

舌小帯が短い

舌小帯(舌の裏側にあるヒダ)が短いと、舌の位置が下がりやすく、正しい位置に保つことが難しくなります。舌の位置が下がり、舌で歯を押してしまうことで開咬の原因となります。

舌の癖や悪習癖

上下の前歯の間に舌が入ったり、舌で歯を押してしまう癖や、指吸いや爪かみなどの癖があると、上下のかみ合わせの妨げになります。

口呼吸や鼻疾患

アレルギー性鼻炎やアデノイド、扁桃腺肥大などの鼻咽腔疾患があると、鼻呼吸が困難になるため、口呼吸の習慣がつきます。口呼吸の場合、舌が正しい位置に保てず、舌の位置の悪さから開咬につながりやすくなります。

治療方法

かみ合わせの改善

ワイヤー矯正やマウスピース型矯正装置、舌側矯正などの方法を用いて治療をおこないます。上下のかみ合わせを改善するために、顎間ゴムというゴムを上下の歯に装着していただき、かみ合わせを改善していきます。
かみ合わせの改善

外科手術を併用した矯正治療

骨格性の問題が大きく、通常の歯列矯正のみではかみ合わせが改善できない場合には、外科手術を併用した外科矯正をおこないます。

癖の改善トレーニングについて

歯列矯正で開咬が改善されても、舌の機能が正しく備わっていなければ、矯正後に後戻り(矯正前の歯並びに戻る)しやすい状態になってしまいます。

舌の癖を改善するトレーニングで正しい機能を身に付けることで、後戻りの予防になるだけでなく、矯正後の歯並びを長期的に安定させ、矯正治療を円滑に進めることができます。
癖の改善トレーニングについて

開咬の方は要注意

歯並びが乱れていない開咬の場合、かみ合わせの異常に気付かないことがほとんどです。

しかし、開咬を放置することで、前歯で食べ物を噛みちぎることができないだけでなく、奥歯や顎関節に負担がかかり、将来的に体の不調にもつながることも。

見た目に問題がないからといって放置することなく、かみ合わせの異常に気付いた方は一度ご相談ください。
開咬の方は要注意
記事監修者:
東川口矯正歯科 院長 歯学博士 長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る