矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

矯正費用・料金表

東川口矯正歯科

矯正治療全過程にかかる費用(トータルフィー)を治療前にご提示します。

治療費には、装置料・技術料・保定料・観察料・歯のクリーニング料の全てを含み、月々の調整料や処置料は頂いておりません。そのため、矯正治療終了時に予想していた以上に治療費が多くかかったなど不明瞭な部分がありません。

相談・検査 ※税込表示

相談・検査

初診相談(要予約)

無料

検査・診断料

38,000円

初診相談(要予約)

無料

精密検査料

所要時間:30~40分程度

診断料

検査結果の分析および治療方針治療方針のご説明

38,000円※
※初診相談後、2週間以内のご予約で、30,000円

トータルフィー制度
ではない場合との比較

当院はトータルフィーシステムを採用しておりますので、来院毎の費用や追加費用は発生いたしません。トータルフィーとトータルフィーではない場合を、下記で簡単に比較しております。

トータルフィーシステムの場合


動的治療が24ヶ月と仮定した場合
来院毎にかかる処置料・調整料はかかりません

追加費用は
かかりません

トータルフィーシステムではない場合


動的治療が24ヶ月と仮定した場合
来院毎にかかる処置料・調整料が発生します


 5,500円×24=132,000円

2年間で、
¥132,000
の追加費用

大人になってから始める場合 ※税込表示

成人矯正

成人矯正

マルチブラケット装置
(メタル)

770,000円

マルチブラケット装置
(クリアブラケット)

880,000円

カスタムメイド型矯正装置
(インシグニア)

990,000円

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)※

1,100,000円

リンガルブラケット矯正装置

1,540,000円

上顎:リンガルブラケット矯正装置

下顎:マルチブラケット装置

1,210,000円

部分矯正

症状により110,000円~440,000円

マルチブラケット装置

歯の表側からのワイヤー矯正

715,000円

935,000円

リンガルブラケット矯正装置

歯の裏側からのワイヤー矯正

1,210,000円

1,540,000円

マウスピース型矯正装置

660,000円

1,100,000円
※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

限局矯正(部分矯正)

ブラケット装置
(表側)部分

165,000円

495,000円

その他

観察料

保定期間外のチェック料金

5,000円

MFT

筋機能訓練における指導料

3,000円

永久歯の便宜抜歯

部位により料金が異なります

5,000円

10,000円

子供から始める場合 ※税込表示

小児矯正

乳歯列期

乳歯列期の治療

33,000円

55,000円

第一期

混合歯列期の治療

275,000円

440,000円

第二期

第一期から成人矯正に移行した場合
( ※第一期治療でかかった料金との差額)

440,000円

660,000円
※ブラケット装置(表側)の場合

拡大床などを使用した一期治療

330,000円

一期から二期治療に移行した場合

550,000~770,000円
※差額のみ、舌側矯正を除く

マウスピース型矯正装置
(インビザライン・ファースト)※

440,000円

※マウスピース型矯正装置(インビザライン・ファースト)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

お支払いについて

当院では、矯正費用を分割払いでお支払いいただくことが可能です。お支払い回数や費用・料金についてのご不明な点は、お気軽にご相談ください。

医療費控除について

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除の計算例

課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、医療費控除額=90万円-10万円=80万円×税率30%=24万円つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円-24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の計算例
TOPへ戻る