矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

すきっ歯

東川口矯正歯科

すきっ歯について

歯と歯の間に隙間がある状態で、歯科では「歯間離開(しかんりかい)」または「空隙歯列(くうげきしれつ)」といいます。

さらに、上の前歯に隙間があることを「正中離開(せいちゅうりかい)」といいます。
すきっ歯について

このようなお悩みありませんか?

歯と歯の間に隙間ができる原因はさまざま。原因に合わせた治療方法をご提案いたしますので、一度ご相談ください。

すきっ歯になる原因

歯が小さい「矮小歯」

標準的な歯の大きさに比べて小さい歯を「矮小歯(わいしょうし)」といい、矮小歯があることで歯と歯の間に隙間ができることがあります。
歯が小さい「矮小歯」

歯の本数が少ない・生えてこない

生まれつき歯の本数が足りない「先天性欠損(せんてんせいけっそん)」や、歯が歯ぐきや骨に埋まって生えてこない「埋伏歯(まいふくし)」の場合に歯が生えてこないことが原因になることがあります。
歯の本数が少ない・生えてこない

歯と顎のサイズが合っていない

歯の大きさが小さすぎたり顎が大きすぎると、歯と歯の間に隙間ができやすくなります。この場合、複数個所にわたって隙間ができるのが特徴です。

歯と顎のサイズが合っていない

上唇小帯の位置異常

「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」という上唇の内側のすじが付着している位置が悪いと、上の前歯に隙間ができてしまうことがあり、このようなケースは「正中離開」と呼ばれます。

上唇小帯の位置異常

舌の癖

舌で前を押す癖があると、舌の力によって歯と歯の間に隙間ができることがあります。

舌の癖

治療方法

歯列矯正で隙間を閉じる

歯列矯正で隙間を閉じる治療をおこないます。ワイヤー矯正の場合には、ゴムをかけて隙間を閉じたり、マウスピース型矯正装置を用いて隙間を閉じていきます。隙間の大きさによっては、歯に樹脂を盛り足したり、被せ物をすることで歯の大きさを補うこともあります。

上唇小帯に対する治療

上唇小帯の位置異常による正中離開の場合、成長と共に上唇小帯の位置が変化して、自然に隙間が閉じていくこともあります。自然治癒が難しい場合には、上唇小帯を少し切除し、矯正装置(ワイヤー矯正やマウスピース型矯正装置)で隙間を閉じる治療を行います。

欠損部位や埋伏歯の治療

先天性欠損の場合、不足している歯の本数によって治療方法が異なります。基本的には、歯列矯正で隙間を閉じる治療をおこないますが、歯が複数本足りない場合には人工歯で補うため、前準備として歯列矯正をおこないます。

埋伏歯の場合には、埋まっている歯を引っ張り出す「開窓(かいそう)」と「牽引」という処置をおこない治療します。

すきっ歯が気になる方へ

前歯に隙間があると目立ってしまって、人の目線も集まりやすくなります。なかには、少しの隙間であれば被せ物で手軽に治療したいと思われる方も。

しかし、被せ物をするためにはご自身の歯を削ることになります。当院では、患者様の歯を大切にしたいという思いから、できる限り歯列矯正で改善できるようご提案いたします。

すきっ歯が気になる方は一度当院までご相談ください。
すきっ歯が気になる方へ
記事監修者:
東川口矯正歯科 院長 歯学博士 長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る