矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

早めに矯正?
小児・小学生の矯正

東川口矯正歯科

早めに矯正?小児・小学生の矯正

子どもの歯列矯正(小児矯正)の疑問や、悩みに関してご説明いたします。

こんな不安やお悩み
ありませんか?

こんな不安やお悩み ありませんか?

お子様の歯並びを心配される保護者の方から、このようなご質問をよく受けます。ここでは、小児矯正の役割や治療の開始時期についてご説明していきます。

歯科矯正における小児矯正の役割

一般的に小児矯正は、二段階に分けて治療をおこないます。まず、永久歯に生え変わるまでに「一期治療」をおこない、永久歯が生え変わった後に「二期治療」をおこないます。一期治療をおこなう目的は、大きく分けて2つあります。
歯科矯正における小児矯正の役割

永久歯の生え変わりをサポート

歯並びのアーチを広げる(拡大する)ことで、永久歯が生えてくるためのスペースをつくります。スペースができることで、正しい位置に歯が並びやすくなり、なかには二期治療が不要になるケースも。
二期治療が必要になる場合でも、治療期間を抑えたり、歯を抜かずに治療できる可能性を高めることができます。

正しい骨格の成長方向に誘導

小児矯正と成人矯正の大きな違いは、成長発育を利用した矯正治療ができる点です。例えば、下あごの後退や劣成長がみられる場合には出っ歯になりますが、一期治療によって骨格を正しい位置に誘導することで、骨格のズレや不正咬合(悪い歯並び)を予防することができます。

子どもの矯正の開始時期

年齢で判断する場合、6歳前後で一度ご相談にお越しいただくことをおすすめします。ただし、歯の生え変わりのタイミングや歯並び・かみ合わせは、お一人おひとりで異なりますので、それぞれのお子様に合わせた治療開始時期をご案内いたします。
子どもの矯正の開始時期

早ければ早いほどいい?

「矯正治療の開始時期は、早ければ早いほどいいのでは?」と思われている方も少なくありません。骨格に影響を与える歯並びの場合には、早期に治療を開始するケースもありますが、早期に開始したからと言って早く治療が終わるケースばかりではありません。問題点と成長発育を加味して適切な時期に治療を開始することが大切です。

歯並びが悪くなる原因

先天的な原因と後天的な原因

歯並びが悪くなる原因には、歯の大きさや本数、骨格のズレなどの先天的な問題と指吸いやうつ伏せ寝などの日常の悪習癖による後天的な問題の2つが考えられます。
先天的な原因と後天的な原因
不正咬合を予防するために

歯並びが悪い状態の「不正咬合」を予防するためには、後天的な悪習癖の改善が重要です。日常的な悪習癖を改善することで、骨格への影響や歯列矯正後の後戻りを防ぐことにつながります。

治療方法・装置について

一期治療では、基本的に取り外しができるプレートタイプの「拡大床」や「マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)」※を使用した治療をおこないます。

虫歯が心配なお子様におすすめ

矯正中は歯磨きが複雑になるため、お子様の虫歯を心配される方が多くいらっしゃいます。一期治療で使用する装置は取り外しができるため、歯磨きが複雑になる心配もなく、しっかりとケアができていれば虫歯を心配していただく必要もありません。

虫歯が心配なお子様におすすめ

拡大床(かくだいしょう)

装置の中心にあるネジを定期的にまわすことで装置が広がり、それに伴って歯並びのアーチを広げることができます。歯並びを広げることで、歯が生えるためのスペースをつくります。

マウスピース型矯正装置 (インビザラインファースト)※

透明のマウスピース型矯正装置で、歯並びを広げるだけでなく、歯を並べて整えることが可能です。永久歯への交換期に使用し歯並びを整えることで、二期治療が不要になる可能性が高まります。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

お子様のモチベーションの重要性

お子様が最後まで矯正治療に取り組めるか不安だとおっしゃる保護者の方も少なくありません。小児矯正では、着脱式の矯正装置を使用するため、患者様の協力が必要不可欠です。 当然、装着時間が短い場合には期待する治療結果が得られないことがあるため、お子様にも理解できるよう治療の目的をお伝えしたり、保護者の方が褒めていただくことでお子様のモチベーションを保ち、サポートしていただくことが重要です。
お子様のモチベーションの重要性

小児矯正の治療例

主訴 前歯が反対に噛んでいる
診断名 上顎骨劣成長の反対咬合
年齢 9歳
治療に用いた装置 上顎前方牽引装置
抜歯部位 なし
治療期間 2年半(20回)
治療費用 330,000円
リスク・副作用 口腔内装置装着によるカリエスリスクの上昇

お子様の歯並びにお悩みの方へ

歯の生え変わりのペースや歯並び、かみ合わせはお子様によって異なります。

まわりのお子様と比べて、「早く矯正をした方がいいのではないか」「今やらないと手遅れになってしまうのでは‥」と不安になられる保護者の方もおられます。

もちろん、ベストな時期を逃すことなく治療を開始できるのが理想的ではありますが、手遅れになって治せないということはありません。矯正治療の必要性や開始時期について、ご説明いたしますので、お子様の歯並びにお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

記事監修者:

東川口矯正歯科 院長 歯学博士
長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る