矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

デジタル技術を活用した
ワイヤー矯正

東川口矯正歯科

デジタル技術を活用したワイヤー矯正

当院のワイヤー矯正では、デジタル技術を活用したカスタムメイド型矯正装置「インシグニア」を使用した治療をおこなっております。

このような歯並び
気になっていませんか?

歯の表面に矯正装置を装着するワイヤー矯正は、さまざまな歯並びの治療に対応することが可能です。

ワイヤー矯正のメリット

さまざまなケースに対応可能

「不正咬合」と呼ばれる悪い歯並びに対応できるのはもちろんのこと、抜歯を伴うケースや外科処置を伴うケースなど、さまざまなケースに対応することが可能です。場合によっては、マウスピース型矯正装置と併用することで、歯並びやかみ合わせを改善します。

さまざまなケースに対応可能

取り外しなどの管理が不要

固定式のワイヤー矯正は、マウスピース型矯正装置などの取り外し式の装置とは異なり、患者様に管理していただく必要がありません。装置を紛失する心配や装着時間の心配などがなく、患者様に依存しない矯正治療をおこなうことができます。

取り外しなどの管理が不要

東川口矯正歯科の
ワイヤー矯正の特徴

デジタル技術を活用した
ワイヤー矯正

当院では、デジタル技術を活用したカスタムメイド型矯正装置「インシグニア」による治療をおこなっております。患者様の歯並びとかみ合わせの状態を3D画像化し、そのデータをもとに治療計画を立案します。治療ゴールを設定し、そのゴールに向かって的確に歯をコントロールできるため、効率的な治療をおこなうことができます。

デジタル技術を活用したワイヤー矯正

治療シミュレーションの共有

多くの患者様は「自分の歯並びは治るのだろうか」「矯正後はどんな歯並びになるのだろう」と思われることでしょう。

従来の矯正治療では、イメージしていただくことが難しかった矯正後の歯並びを3Dシミュレーションで患者様にもご確認いただくことが可能です。ゴールが可視化され共有できることで、「思っていた歯並びとは違う‥」といったような齟齬が起こりにくくなります。
治療シミュレーションの共有

美しさと安定性を追求

カスタムメイド型矯正装置(インシグニア)は、CTによる歯の根の位置を反映して治療シミュレーションをおこないます。矯正治療で歯の根が適切にコントロールされることで、美しい歯並びに変化すると同時に、高い安定性を追求することができます。

美しさと安定性を追求

舌側矯正にも対応

当院のワイヤー矯正は、表側矯正だけでなく、歯の裏側から治療をおこなう「舌側矯正」にも対応しております。「周囲に気付かれることなく矯正したい」という方はご相談ください。

舌側矯正にも対応

白く目立ちにくい装置を採用

表側矯正の場合、矯正装置の見た目を心配される方が多くいらっしゃいます。当院で使用する矯正装置は、できる限り白く目立ちにくいものを採用し、見た目に配慮した治療をおなっております。

白く目立ちにくい装置を採用

ワイヤー矯正について

治療の流れ

まずは初診カウンセリングにお越しいただき、歯並びやかみ合わせの状態を確認させていただきます。その後、精密検査をおこない、診断時に治療計画をご説明いたします。治療計画に同意をいただき、治療開始となります。

治療の流れ

治療期間について

ケースによって異なりますが、平均治療期間は2年前後です。抜歯をおこなう場合には、2年半前後ほどの治療期間となります。また、未来院が続いたり、治療にご協力いただけない場合には、治療期間が延長してしまう可能性がありますので、ご協力をお願いいたします。

治療期間について

通院頻度

治療方針やそのときの治療内容によって、通院頻度が前後しますが、基本的には4週間ごとの頻度でご来院いただきます。

ワイヤー矯正のデメリット

審美性

歯の表側に装置を装着するため、どうしても周囲の方からは見えてしまいます。当院では、なるべく白くて目立たない装置を使用して治療をおこなっております。

磨き残しになりやすい

固定式のワイヤー矯正の場合、歯磨きが複雑になるため、磨き残しになりやすく、虫歯や歯肉炎になるリスクが高くなります。

唇に擦れやすい

装置が唇に擦れることで、口内炎ができやすくなります。最初は違和感を感じることがありますが、1週間ほどで慣れてきます。

記事監修者:
東川口矯正歯科 院長 歯学博士 
長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る