矯正相談掲示板
よくあるご質問
費用・料金表

歯の裏側だから
見えない舌側矯正

東川口矯正歯科

歯の裏側だから見えない舌側矯正

歯の裏側に矯正装置を装着する「舌側矯正」。装置の見た目が気になって、歯列矯正を諦めておられる方にぴったりの治療方法です。

周囲に気付かれずに
矯正したい方へ

このように装置の見た目が気になる方には、歯の裏側に矯正装置を装着する「舌側矯正」をご提案しております。装置は固定式のため、取り外しなどの管理も不要です。

舌側矯正の特徴

正面から見えない

歯の裏側に矯正装置を装着するため、正面から矯正装置が見えてしまうことがありません。食事中も、装置に食べ物が詰まってしまうことを気にすることなく楽しんでいただくことができます。

正面から見えない

出っ歯の治療に適した装置

舌側矯正で使用するリンガルブラケット矯正装置は、前歯を引っこめることを得意とする装置です。歯の傾斜角度を改善しながら、歯をひっこめることができるため、出っ歯の治療に適しています。

出っ歯の治療に適した装置

矯正中でもホワイトニングができる

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を作製するためには、精密な模型(歯型)が必要になります。光学スキャナーを使用することで、従来必要だった歯型とりは不要になり、お口の中をスキャンしたデータをもとに装置を作製することができます。

矯正中でもホワイトニングができる

装置を管理する手間がない

目立たない矯正方法のマウスピース型矯正装置の場合、食事や歯磨きのたびに装置の着脱が必要になります。しかし、舌側矯正は固定式のため、患者様に管理していただく手間がかかりません。

装置を管理する手間がない

虫歯になりにくい

お口の中は唾液が循環する「自浄作用」によって虫歯から歯を守っています。もちろん、歯磨きなどの適切なケアは必要になりますが、歯の表側に比べて、歯の裏側は自浄作用がはたらきやすいため、虫歯になりにくいといわれています。

虫歯になりにくい

矯正シミュレーションで
治療ゴールを共有

当院では舌側矯正に関しましても、デジタル技術を活用した治療をおこなっております。事前に矯正シミュレーションを用いて、舌側矯正後の歯並びをご確認いただくことが可能です。

「舌側矯正で治るのだろうか」
「矯正後はどんな歯並びになるのだろう」

と気になっておられる方はお気軽にご相談ください。

矯正シミュレーションで治療ゴールを共有

舌側矯正の治療パターン

上下とも舌側矯正

上あご、下あごの両方に歯の裏側に矯正装置をつけて治療をおこなう方法です。会話中や笑ったときに下の歯が見えやすい方でも装置が見えてしまう心配がありません。

上下とも舌側矯正

目立つ上あごを舌側矯正で

目立ってしまう上の歯にはリンガルブラケット矯正装置を使用して、目立ちにくい下の歯には表側にマルチブラケット装置を装着します。上下ともに舌側矯正をおこなう方法に比べて、費用を抑えることができます。

目立つ上あごを舌側矯正で

舌側矯正のデメリット

費用が高い

一般的に唇側矯正に比べて、費用がかかります。

舌に擦れたり違和感がある

歯の裏側に矯正装置をつけるため、最初は舌に擦れたり違和感を感じることがありますが、1週間ほどで装置に慣れることができます。

装置が外れやすい

表側からのワイヤー矯正に比べて、装置が外れやすい傾向があります。

記事監修者:
東川口矯正歯科 院長 歯学博士 
長谷川 紘也

明海大学歯学部を卒業後、明海大学病院の臨床助手を経て、2011年度明海大学歯学部優秀論文賞を受賞。口腔内スキャナーを用いた光学印象に関する研究にも注力し論文を執筆。現在は、東川口矯正歯科の院長として、デジタル技術を活用した矯正歯科治療をおこなう。

TOPへ戻る